楽劇「ばらの騎士」

時間

第一幕 70分
第二幕 60分
第三幕 60分

基礎データ

作曲

リヒャルト・シュトラウス(1864年~1949年)が、46歳の1910年に完成。

台本 フーゴー・フォン・ホフマンスタール(1874年~1929年)が、36歳の1910年に完成。
時代 「18世紀のウィーンの宮廷での習慣では、婚約披露に先だち、花婿から花嫁に「銀のばら」を送る習慣があり、そのための使者を「ばらの騎士」と呼ぶ。」とホフマンスタールが創作した習慣である。。
初演 1911年1月26日に、ドレスデン宮廷歌劇場での初演を観るために、ベルリン・ドレスデン間に臨時列車「ばらの騎士」号が走ったという。しかし、内容の不道徳さにより非難の声も多かったという。

主な登場人物

オクタヴィアン・ロフラーノ公爵
(メゾ・ソプラノ)
17歳の青年貴族で15歳年上の公爵夫人を愛している。元帥夫人から、「ばらの騎士」になるよう依頼される。
元帥夫人マリー・テレーズ
(ソプラノ)
年齢差があり元帥である夫のヴェルデンベルグ公爵は、クロアチアに狩りに行き、留守にしている。32歳の夫人は、オクタヴィアンと不倫している。
オックス男爵
(バス)
レルヒェナウ家の35歳になる田舎貴族で、粗野で不作法な貴族。財産家の新興貴族の取り込みに失敗する。
フォン・ファーニナル
(バリトン)
最近、貴族になった商売上手な人。格式のあるレルヒェナウ家と婚姻関係を築こうと、政略結婚を企てる。
ゾフィー
(バス)
修道院を出たばかりのファーニナルの娘で、顔を見たこともない粗野な男爵と結婚させられそうになり、オクタヴィアンの計略と元帥夫人の忠告により、オクタヴィアンと結ばれる。

A4版を読む前に

「ばらの騎士」は、青年貴族オクタヴィアンの恋を中心に、話が進みます。
 ・第一幕
   オクタヴィアンは15歳年上のいとこの元帥夫人を、不倫であるが一途に愛している。
   その後、気持ちが沈んでいた元帥夫人から、「そのうち若い女性を愛し始めて自分を
   捨てる。」と言われ、怒って帰ってしまう。
   元帥夫人の気持ちが沈んだ原因は、今日の髪型が老けた髪型だったことと、オックス
   男爵へのひがみがある。
 ・第ニ幕
   オクタヴィアンは、元帥夫人から頼まれて、フォン・ファーニナル家の娘ゾフィー
   に「銀のばら」を贈呈しに行くが、一目惚れし二人は意気投合してしまう。
   しかし、ゾフィーには婚約者オックス男爵がいるが、ゾフィーが嫌っていることか
   ら、ある計略を考える。
 ・第三幕
   その計略とは、自分が女装してオックス男爵とデートして、その浮気の現場をファー
   ニナルとゾフィーに見せて、婚約を解消させようということである。それが功を奏し、
   オックス男爵は、財産目当ての結婚を諦め、オクタヴィアンは、晴れてゾフィーと結
   ばれることになる。
   元帥夫人は、予想より早いケルビーノとの別れを悲しむ。

A4版(PDF)

このPDFを出力して劇場に持参し、各幕前に読んで頭に入れておきますと数倍楽しくオペラをご覧いただけます。(上演中は周りの方々にご迷惑とならないようにお願いします。)

詳細の資料はこちらからダウンロードできます。 derrosencavalier.pdf

「引用」
・ 翻訳:オペラ対訳プロジェクト「ばらの騎士」(HP)
・ 解説:福原信夫「最新名曲解説全集第19巻」(㈱音楽之友社)


オペラ

バレエ

その他