歌劇「ファルスタッフ」

時間

第一幕 30分
第二幕 45分
第三幕 45分

基礎データ

作曲 ジュセッペ・ヴェルディ(1813年~1901年)が、80歳の1893年に完成。
台本 作曲家・作家・評論家のアリーゴ・ボイート(1842年~1918年)が、ウィリアム・シェイクスピア(1564年~1616年)の「ウィンザーの陽気な女房達」(1596年)からそのストーリーの原型を引用し、「ヘンリー4世」第一部(1597年)からファルスタッフの人間像を引用し、ヴルディとの共同作業で完成させた。
時代 英国国王ヘンリー4世(1399年~1413年)治下で、中部イングランドのウィンザーの街。
初演 1893年2月9日にミラノ・スカラ座、ヴェルディ最後の作品です。

主な登場人物

ファルスタッフ(バリトン) 太鼓腹の老騎士で、ガーター亭に居候している。
バードルフ(テノール)
ピストル(バス)
ファルスタッフの元部下。
フォード(バス) 嫉妬深い金持ちで、娘ナネッタと医者カイウスを結婚させようとしている。
医者カイウス(バス)
フェントン(テノール)
ナネッタはフェントンを愛しているが、フォード氏はカイウスを気に入っている。
ナネッタ・フォード(ソプラノ) フォード夫人の娘。愛するフェントンと結婚する。
アリーチェ・フォード夫人
  (ソプラノ)
メグ・ページ夫人
  (メゾ・ソプラノ)
共にファルスタッフから恋文を貰う。ファルスタッフを懲らしめるにあたり、フォード夫人が前面に出て、ページ夫人はそのアシストをする役回りである。
クイックリー夫人
  (メゾ・ソプラノ)
フォード夫人の代理として2回、ファルスタッフへ伝言を伝えに行く。

A4版を読む前に

ファルスタッフ」は、次の三つのストーリーが交互に進みます。
 ①女性陣が老騎士ファルスタッフを懲らしめる話
 ②男性陣が老騎士ファルスタッフを懲らしめる話
 ③父フォードに逆らいながらもナネッタとフェントンが結婚する話
【第一幕】
 ①女性陣が懲らしめる話・・ファルスタッフが、同じ文面の恋文をフォード夫人とページ夫人に書き送る。文面が同じであることを知った二人は、クイックリー夫人とナンネッタを加えてファルスタッフを懲らしめることにする。
 ②男性陣が懲らしめる話・・フォード氏は、ファルスタッフを良く思わない二人の元部下とカイウス、フェントンから、ファルスタッフのフォード夫人への行状等を聞き、ファルスタッフを懲らしめることにする。
 ③ナネッタとフェントンの話・・フォード氏の娘ナネッタはフェントンを愛しているが、父親は、医者のカイウスと結婚させようと思っている。フェントンは、のんきに愛の歌を歌っている。
【第二幕】
 ①女性陣が懲らしめる話・・クイックリー夫人から、フォード夫人と午後2時から3時の間に会える旨聞いたファルスタッフが逢いに行く。女性陣は、邪魔な男性陣の動きのスキを見て、洗濯籠に入っているフォルスタッフをテームズ河に放り込み、懲らしめることに成功する。
 ②男性陣が懲らしめる話・・フォード氏は変装して、ファルスタッフに会いに行くが、そこでファルスタッフとフォード夫人が逢い引きすることを知る。フォード氏はその時間に合わせて、みんなを引き連れてファルスタッフを懲らしめに行くが、ナネッタとフェントンの逢い引き現場しか探せなかった。しかし、夫人に対する浮気の疑いは晴れた。
 ③ナネッタとフェントンの話・・ナネッタは母に、父が結婚相手に医者ケイウスを押しつけようとしていると訴える。女性陣は、ナネッタに協力することを誓う。そして、ナネッタは父親に、フェントンとの逢い引き現場を見つけられ、怒られる。
【第三幕】
 ①女性陣と男性陣が共同で懲らしめる話・・再度、クイックリー夫人がファルスタッフに会い、「深夜、王立公園に来て欲しい。黒い狩着でハーンの樫の木の下に。」というフォード夫人からの伝言を伝える。フォード夫人に会いに来たファルスタッフに対して、ナンネッタが妖精の女王になり、他の女性陣、男性陣は各々変装しファルスタッフを恐怖に陥れ、懲らしめることに成功する。しかし、ファルスタッフが反省するので、和解することになった。
 ②ナネッタとフェントンの話・・フェントンは、相変わらずのんきに愛の歌を歌っているが、機知に富むフォード夫人は、娘をカイウスと結婚させようというフォードの計画を利用して、フェントンとナネッタを結婚させようと準備をしている。深夜に急遽、二組結婚式が行われることになったが、フォード夫人が考えた計画に従い、組み合わせを変えてフェントンとナネッタの結婚が成功する。

このオペラは、音楽と歌手の演技の動きが速く、字幕を読んでいると、舞台を見る楽しみが半減するので、しっかりストーリーを頭に入れておく必要があります。

A4版(PDF)

このPDFを出力して劇場に持参し、各幕前に読んで頭に入れておきますと数倍楽しくオペラをご覧いただけます。(上演中は周りの方々にご迷惑とならないようにお願いします。)

詳細の資料はこちらからダウンロードできます。 falstaff.pdf

「引用」
・ 翻訳:黒田恭一「フィッシャー=ディスカウ主役のCD解説書」((株)SONY)
・ 解説:福原信夫「最新名曲解説全集第19巻」(㈱音楽之友社)


オペラ

バレエ

その他