「美しき水車小屋の娘」

時間

合計 60分

基礎データ

作曲 フランツ・シューベルト(1797年1月31日~1828年11月19日)が、26歳の時の作品。1823年の5月から11月に作曲された。
台本 ヴィルヘルム・ミュラー(1794年~1827年)の「ワルトホルン吹きの遺稿からの詩集」で、27歳の1821年に出版。
初版 1824年2月17日、8月12日、ウィーンで、5分冊で出版された。

主な登場人物

A4版を読む前に

 この歌曲集は、「希望に胸を膨らませて修業の旅に出た粉職人の若者が、美しい水車屋の娘に恋をするが、狩人が現れて彼女を奪っていき、悲しく立ち去る。若者は小川に語りかけ、永遠の眠りにつく」という青春の物語で、20の歌によって語られる。

A4版(PDF)

このPDFを出力して劇場に持参し、各幕前に読んで頭に入れておきますと数倍楽しくオペラをご覧いただけます。(上演中は周りの方々にご迷惑とならないようにお願いします。)

詳細の資料はこちらからダウンロードできます。 dieschonemullerin.pdf

「引用」
・ 解説:大木正興「最新名曲解説全集第22巻」(㈱音楽之友社)


オペラ

バレエ

その他