オペラ「ジュリオ・チェーザレ」

時間

第一幕 90分
第二幕 80分
第三幕 70分
合 計 4時間

基礎データ

作曲 ゲオルク・フリードリッヒ・ヘンデル(1840年~1893年)が、50歳の1723年に完成。
台本 ニコラ・フランチェスコ・ハイム
原作 アントーニオ・サルトーリオのオペラ《エジプトのジュリオ・チェーザレ》(1677、ヴェネツィア)のためのジャコモ・フランチェスコ・ブッサーニの台本
時代・場所 紀元前48年のエジプト・アレクサンドリア
初演 1724年2月20日、ロンドン、ヘイマーキット王立劇場。

主な登場人物

ジュリオ・チェーザレ 
(
アルトカストラート)
ジュリアス・シーザーのイタリア語。
クリオ (バス) チェーザレの副官
クレオパトラ (ソプラノ) エジプトのクレオパトラ7世でマケドニア系ギリシャ人
コルネリア (メゾソプラノ)・セスト(ソプラノ) チェーザレの政敵ポンペオの妻と子。クレオパトラ以上の美人。
トロメオ (アルトカストラート) エジプト王でクレオパトラの弟、プトレマイオス13世のこと
アキッラ(バリトン) エジプトの将軍
ニレノ(アルトカストラート) クレオパトラの宦官

 

A4版を読む前に

 古代ローマに実在したジュリアス・シーザーを題材にしている。ローマ内乱の1世紀と言われた保守派と平民派の抗争中にクレオパトラと結婚するが、その歴史的な背景を下記に記載しました。シーザーがローマで暗殺される前、エジプトでのクレオパトラとの恋愛が主題となっている。

*************************

BC121・・グラックス兄弟の改革が失敗に終わり共和制の再建が困難になり、抗争が始まる。

BC107・・平民出身のマリウスが執政官に選出され、軍制改革を行い、ケルト人に勝利した。

BC91・・同盟市戦争が起き、ローマ共和政、ローマ市民権のあり方を変えた。

BC88・・ミトリダテス戦争(黒海トラブソン近郊)が起きるが、BC63にポンペイウスにより鎮圧される。

BC82・・保守派のスラが独裁官として執政官に選出され、3年間、恐慌政治を行った。

BC73・・スパルタクスの反乱が起き、BC71にポンペイウス・クラッススにより鎮圧される。

BC60・・シーザー、ポンペイウス、クラッススによる第1回三頭政治が行われる。

BC59・・シーザー(マリウスの甥)が、執政官になり、翌年からガリア遠征を開始する。

BC54・・BC60にポンペイウスに嫁がせていた、シーザーの娘ユリアが死ぬ。

BC53・・クラッススがパルティア(西イラン)の遠征で戦死し、シーザーとポンペイウス間に亀裂が入る。

BC52・・ポンペイウスは、ユリアが死に執政官スキピオの娘コルネリアと5度目の結婚。

BC49・・シーザーは、ポンペイウスと元老院と戦うためにルピコン川(リミニの10㎞西)を渡った。

BC48・・シーザー(52歳)はなおもポンペイウスを追いかけ、ファルサルスの戦い(テッサロニキの100㎞南西)で破り、独裁官となる。なおも逃げたポンペイウスは、エジプト・アレクサンドリアで謀殺され、追いかけたシーザーは、クレオパトラ(21歳)に一目惚れして結婚し9ヶ月滞在する。エジプト国王側は、保身のため二人を襲撃するが敗れ、クレオパトラが女王の座に着き二人は結婚する。クレオパトラは、ローマに住む。

BC47・・シーザーは、6月までの9ヶ月滞在し、ローマに戻り権力を集中させる。途中、ポントス王国を平定させ、翌年ローマに帰還した。

BC44・・シーザーが暗殺され、クレオパトラはアレクサンドリアに戻る。

BC43・・アウグストゥス(20歳)、アントニウス・レピドゥスによる第2回三頭政治が行われる。

BC42・・アントニウスとオクタウィアヌスは、ブルートゥスを、フィリッピの戦い(テッサロニキの100㎞西)で殺害した。

BC41・・アントニウス(43歳)も、クレオパトラ(28歳)に一目惚れする。

BC40・・アントニウスは、オクタウィアヌスの姉の小オクタヴィアと政略結婚し、アテネに居住した。

BC37・・アントニウスは、クレオパトラと結婚し、3人子供を産んだ。

BC36・・アントニウスのアルメニア進出は成功したが、パルティア進出は、失敗に終わった。

BC35・・アントニウスは、小オクタヴィアと一方的に離婚したので、ローマの怒りを買う。

BC31・・アントニウス・クレオパトラ連合軍は、ローマ軍とアクティウムの海戦(西ギリシャ)で敗れ、アントニウスは、翌年自殺する。

BC30・・クレオパトラ(39歳)もその10日後に、ローマで見世物にならぬように自殺し、アントニウスと並んで埋葬してもらった。そして、エジプト・プトレマイオス朝が滅亡し、ローマの地中海支配が確立した。

BC27・・シーザーの養子アウグストゥスが第1代皇帝に就任する

 

A4版(PDF)

このPDFを出力して劇場に持参し、各幕前に読んで頭に入れておきますと数倍楽しくオペラをご覧いただけます。(上演中は周りの方々にご迷惑とならないようにお願いします。)

詳細の資料はこちらからダウンロードできます。 giuliocesare.pdf

・ 対訳・解説:吉田光司「ジュリオ・チェーザレ」(HPオペラ御殿)
・ 解説:戸田邦雄「最新名曲解説全集第18巻」(㈱音楽之友社)


オペラ

バレエ

その他